結婚式にお呼ばれした時の服装って?マナーを学ぼう!

結婚式に着ていく服について

大人になると、結婚式にお呼ばれする機会も増えていきますが、そんな時に一番困るのが服装についてです。男性ならばフォーマルなスーツを着ておけば無難ですが、女性の場合は何を着ていけば良いのか迷ってしまいますよね。ジーンズなどのカジュアルすぎる格好はもちろん避けるべきですが、具体的にどんな服装で出席するべきなのでしょうか。派手すぎず地味すぎず、マナーの良い服装というのはなかなか難しいものです。スーツや着物などを着ていく人もいますが、パーティードレスを着ていくという人が多いようですね。

これはNG!マナーが悪い服装とは

結婚式に出席する際の服装は、パーティードレスならば何でもOKというわけではなく、色やデザインなどさまざまな面で注意をしなければなりません。白色は結婚式では花嫁の色ですので避けましょう。黒色も喪服のイメージがあるので着るべきではありません。また、ミニ丈過ぎるなど露出が多かったり、ファー素材のものも結婚式では着てはいけません。これらのことに注意してひざ丈ぐらいの上品なパーティードレスを着ておけば、周りから浮く事もないでしょう。

ヘアスタイルや靴についてもマナーがある

最後に、ヘアスタイルや靴についても触れておきますね。ヘアスタイルはアップスタイルならば、きちんとした雰囲気が出ますし、華やかな印象になります。自分でセットをする自信が無ければ、美容院でやってもらうと良いでしょう。靴は、サンダルやブーツは避け、爪先やかかとが隠れていて露出が少ない、ヒール3cm程度のパンプスにしましょう。肌色のストッキングをはいて全身を確認しバランスを考えながら、ぴったりの靴を探してみて下さい。

東山での結婚式ならば、どなたにもおすすめできます。東山はロマンティックなムードが漂う式場がたくさんありますので、思い出に残る挙式が可能です。