ステキな結婚式にするために!知っておきたい装花の知識

信頼できるお花屋さん

「ドレスのデザインを聞いてくれるお花屋さんは信頼できる」というのが、いい花屋さんを見極めるポイントの1つです。ドレスのデザインを気にしないような花屋さんに、結婚式の装花をお願いするほど危険なことはありませんよね。ドレスのデザインや色、テーブルの大きさやテーブルクロスの色を聞いてくれるお花屋さんは、お客のことを常に考えてくれるといえるでしょう。また、結婚式は、準備から終了まで長時間にわたり、ブーケはさまざまな加工をしているため、傷みやすくなっていますので、新鮮なお花を使っていることが必須条件ですよ。

腕がいいお花屋さんとは?

腕がいいお花屋さんは、客の大まかな希望を聞けば、何を求めているのかを瞬時に汲み取って、イメージどおりのものを提供してくれますよ。雑誌や本から切り抜いた希望のイメージと式場の写真、そしてドレスの写真を持って行ってお願いすると、イメージにピッタリのアレンジをしてくてくれるものです。短時間で希望を汲み取ってくれるお花屋さんは、お客のセンスを理解してくれている可能性が高く、お花屋さん自身がこだわりを持ってつくっているところが多いですよ。

予算が足りない場合には?

豪華な装花やブーケを用意したいけれど、どうしても予算が足りない場合には、ブーケを自分でつくる方法がありますよ。ただ束ねるだけのナチュラルなブーケにして、茎をそのまま見せましょう。手作りのブーケを豪華に見せる秘訣はリボンで、幅が広い高級感のあるリボンを結ぶと、グッと印象が変わりますよ。このリボンも1000円程度で手に入りますので、花と合わせても、1万円程度で豪華なブーケが完成します。自分で用意するブーケは、水切りや直前まで水につけておくなどして、しおれないように注意しましょう。

お台場の結婚式場は盛大な披露宴を開催するにふさわしい式場ばかりなのでたくさんの人に祝ってもらう場合には適した会場です。