夫の転勤!家族ごと移動か?単身赴任か?家族のためにどうすべき?

夫の転勤、本当は家族はどうしたらよいか?

いくら時代が変わり、社会情勢の変化で、環境が変わってきたとしても、家族が一緒に暮らすことが本当の姿であり、様々な苦労を乗り越えても家族の幸せと絆を保つため人は努力を惜しみません。しかし人は社会で仕事をするうちに自分の能力の向上とともにその活躍の場所が広がり、どうしても転勤など夫の仕事場所の移動を求められるケース多くあります。ここで家族が多く悩むの問題が夫一人の単身赴任とするか、家族ごと移動するかの選択です。

本来あるべき単身赴任の考え方

あくまで家族はどんな環境においても一緒に暮らすことが基本であり、まず家族の幸せがそこにあります。少子高齢化や核家族にによる生活スタイルの多少の変化があってもこれは人の生活の根本的な考え方であり、これで次世代を担う子供たちの健康な心が養われます。しかし健康で幸せな家族生活を維持してゆくためにはまず一家の大黒柱である夫の仕事の安定が必要不可欠となります。夫の仕事での経験と熟練度の向上に伴い、その仕事の活躍の場が広がり、当然様々な仕事の場所での業務が増えてきます。そしてその必要性に伴い転勤移動が求められ、殆どその期待に応えるべく赴任地の移動を求められます。そのときにまずしっかり考えることは会社が自分に与えた責任と期待には少なからず応えるのが自分と家族の為でもあるので受け止めはしますが、家族が離れ離れになってしまう期間を限定したものとして家族が一緒に暮らすことの大切さを忘れないようにすることです。

単身赴任のデメリットで家族の絆

あくまで夫の単身赴任で家族が離れ離れになることのメリットはありません。単身赴任により今まで家の中で経験ことのない問題が結構浮かび上がってくるものです。そしてこれらの家族に与えられた問題は、夫を含め、家族全員で乗り越えていかなければならない問題ばかりです。しかし家族に与えられたこの試練を乗り越えることで今まで見えてこなかった家族の思いや苦労が見えてきて、逆に家族の絆が深まっていくことも事実です。夫の単身赴任は家族にとっての大きなハードルになります。このハードルを乗り越えるまず一番の解決方法は希薄になりがちだったコミニケーションを取り戻し、家族の絆を深めていくことです。

単身赴任の家具は、大手のインテリアショップなどで一通りそろえることにより、費用の節約ができて助かります。